笑う故郷画像
ビリング

解説

2016年度ヴェネチア映画祭でのスタンディング・オベーションが異例の長さで話題をさらったアルゼンチン映画「笑う故郷」。それもそのはず、まるで濃い目のエスプレッソのようにコクのある緻密なストーリー展開、繰り広げられる人間模様に描かれるのは、笑うに笑えず、泣くに泣けない、可笑しさと哀しさ…。目の肥えた映画祭の観客の心をわし掴みにしたのだ。

また作品の高評価とともに注目を集めたのが主演のオスカル・マルティネス。圧倒的な彼の演技はまさに一世一代の名演技と,文句なしの主演男優賞の受賞となった!

監督は「ル・コルビュジエの家」の奇才ガストン・ドゥプラットとマリアノ・コーン。二人の演出力と脚本力は定評のあるところ。

本作「笑う故郷」は米アカデミー賞のアルゼンチン代表作に選出されたのを始め、スペイン・アカデミー賞で最優秀イベロマロウ文化賞を受賞。同じくスペイン国際映画祭の作品賞/脚本賞をW受賞、ギリシャ・テッサロニキ国際映画祭で観客賞など南米のみならず、ヨーロッパ各国で数々の映画賞を受賞。

いよいよ映画ファン待望の日本公開となる!


物語

それはノーベル賞受賞作家の40年ぶりの帰郷から始まった

アルゼンチン出身のノーベル賞作家ダニエルは、故郷の田舎町サラスからの招待を受け、40年ぶりに遥々スペインから帰郷する。国際的文化人ダニエルの帰郷に沸き上がるサラス。懐かしい故郷は、彼に「名誉市民」の称号を与え,人々は暖かく迎え入れてくれる。 青春時代を過ごした田舎町、旧友たちとの昔話、初恋の人との感傷的な再会…。町の絵画コンクールの審査員長も依頼され、故郷の英雄に熱い視線を送る若い女性なども出現し、ダニエルの帰郷は心地よい驚きと、秘密の喜びまでも味わっていた。
だが、ふと気づいてみると、彼を取り巻く事態は、いつの間にか思いもよらぬ方向へと方向転換しはじめ、田舎町サラスと国際人ダニエルは悲喜劇の渦に呑み込まれることに…。


キャスト / スタッフ

キャスト

ダニエル・マントバーニ  オスカル・マルティネス
アントニオ        ダディ・ブリエバ
アントニオの妻イレーネ  アンドレア・フリヘリオ



スタッフ

監督・撮影:マリアノ・コーン/ガストン・ドゥプラット
脚本:アンドレス・ドゥプラット  録音:アドリアン・デ・ミチェーレ 編集:ヘロニモ・カランサ
美術:マリア・エウヘニア・スエイロ  音楽:トニ・M・ミル
製作総指揮:(アルゼンチン)ビクトリア・アイセンスタット
      (スペイン)マヌエル・モンソン/フェルナンド・リエラ/エドゥアルド・エスクデロ


原題:El ciudadano ilustre 英題:The Distinguished Citizen
2016年/アルゼンチン=スペイン/スペイン語/カラー/117分

日本版字幕:杉田洋子
宣伝デザイン:プランニングOM/檜垣紀六/木野武
宣伝パブリシティ:スリーピン(原田徹)
協力:柳川由加里/濱田博子


監督プロフィール

ガストン・ドゥプラット(Gastón Duprat/1969年生)
マリアノ・コーン(Mariano Cohn/1975年生)

二人ともアルゼンチン出身。テレビと映画の監督でありプロデューサーであり、共同製作により、実験映像、ドキュメンタリー、テレビプログラム、長編劇映画と多岐にわたるジャンルの作品を発表している。日本では『ル・コルビュジエの家』(2008年製作/アルゼンチン/日本公開は2012年)が初公開作品であるが、緊張感溢れる展開は、映画ファンを虜にした。




コメント




知性や芸術や美、などという、我々が仰ぎ見ているものの急所を突く大傑作。
物を書く人間ならば誰もがこの映画を観て赤面し、そして声を上げて笑うでしょう。
それにしても「ノーベル賞作家のスピーチ」を書ける脚本力にため息。圧巻の面白さでした。
                            西川美和さん(映画監督)
                            



石もて追われた故郷、忘れられない昔の恋人、その夫となった旧友、無理解に基づく仲間意識。
身につまされることばかりで、辛い。辛すぎて笑っちゃう。
                            柳原 孝敦さん(東京大学教授)





笑えない笑い話(苦笑)。羨望と嫉妬が紙一重というのは、全世界共通。
僕もノーベル文学賞の報道でTVに出るたび、いろいろ言われるので泣けた。悪夢のような傑作です!
                            ナカムラクニオさん(6次元店主/映像ディレクター)





田舎の文豪ライフをバーチャル体験したいならこの映画を見るといい。
行ったこともないアルゼンチンの風景なのに、何故か懐かしく感じてしまった。
見ている内にダニエルと共に散歩をしているようなそんな錯覚も味わえた。                             田辺青蛙さん(作家)





まず主役の役者がとてつもなくうまいです。
作家さんの持つ偏屈な感じといいますか、ものの捉え方が違う感じがすごくリアルです。
ラストのオチはなかなか洒落が効いていて良かったです。
                            林家はな平さん(落語家)                             





いやぁ~面白かった!
笑えて共感させられてハラハラしてオチでやられたって思わせてくれる
                            春風亭正太郎さん(落語家)









海外評




 最高のセンスで描いた まさに これこそが大人の映画!
 ―スクリーンデイリー紙(2016年9月5日)




 脚本 演技 どれをとっても超一級品だ!
 ―スクリーンインターナショナル紙(2016年9月5日)




 芸術 名声そして嫉妬を描き 脚本と主演の名演技は ラストの衝撃を最大限に生かしている
 ―ハリウッド・レポーター(2016年9月4日)




 一度見たら忘れられない正気と錯乱!
 ―エルムンド(2016年9月4日)




 『ル・コルビュジエの家』のマリアノ・コーン監督とガストン・ドゥプラット監督が
 再び脚本家アンドレス・ドゥプラットとコラボレート
 アンドレスは シンプルな設定を知的な対話劇に仕上げた
 ―バラエティ(2016年9月4日)

上映劇場

関東

 東京  9月16日(土)〜
 10月27日(金)
 ※上映終了
 岩波ホール
 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-1 岩波神保町ビル10F
 電話 : 03-3262-5252
 神奈川  11月25日(土)~  シネマ
 ジャック&ベティ

 〒231-0056 横浜市中区若葉町3-51
 電話 : 045-243-9800
 12月9日(土)~
 12月22日(金)
 川崎市アートセンター
 〒215-0004 川崎市麻生区万福寺6-7-1
 電話 : 044-955-0107
 群馬  来春予定  シネマテークたかさき
 〒370-0831 群馬県高崎市あら町202番地 
 電話 : 027-325-1744
 栃木  2018年2月24日(土)~
  3月9日(金)
 宇都宮ヒカリ座
 〒320-0802 栃木県宇都宮市江野町7-13 プラザヒカリ B1F・5F 
 電話 : 028-633-4445

北海道・東北

 北海道  12月2日(土)~  札幌 シアターキノ
 〒060-0063 札幌市中央区狸小路6丁目南3条グランドビル2F
 電話 : 011-231-9355
 宮城  11月5日(日)~  桜井薬局
セントラルホール
 〒982-0021 仙台市青葉区中央2-5-10 桜井薬局ビル3F 
 電話 : 022-263-7868
 青森  12月9日(土)~  シネマディクト
 〒030-0862 青森市古川1丁目21-18
 電話 : 017-722-2068
 岩手  12月2日(土)~  盛岡ルミエール
 〒020-0024 岩手県盛岡市菜園2-2-2 
 電話 : 019-625-7117

中部

 愛知  10月28日(土)~
 シネマスコーレ
 〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町8-12 アートビル1F
 電話 : 052-452-6036

 <上映時間>
 ●10/28(土)~11/3(金・祝) 10:20-12:20/14:35-16:35
 ●11/4(土)~11/10(金) 10:20-12:20/14:20-16:20
 ●11/11(土)~11/24(金) 10:20-12:20
 岐阜  12月2日(土)~  CINEX
 〒500-8876 岐阜県岐阜市日ノ出町2-20
 電話 : 058-264-7151
 長野  12月2日(土)~
 12月15日(金)
 長野松竹相生座
 ロキシー
 〒380-0833 長野市権堂町2255
 電話 : 026-232-3016
 福井  2018年1月13日(土)~  メトロ劇場
 〒910-0023 福井市順化1-2-14
 電話 : 077-622-1772
 富山  上映予定  ほとり座
 〒930-0044 富山市中央通り1-2-14 三笠ビル2F
 電話 : 076-461-4517
 石川  上映予定  金沢 シネモンド
 〒920-0961 石川県金沢市香林坊2-1-1 香林坊東急スクエア.4F
 電話 : 076-220-5007

近畿

 大阪  11月18日(土)~  テアトル梅田
 〒530-0013 大阪府大阪市北区茶屋町16-7梅田ロフトB1F
 電話:06-6359-1080
 <上映時間>
 11/18(土)~11/24(金) 12:40 /13:50 /16:05 /18:35 (~20:40終映)
 ■11/25(土)以降の上映時間、及び上映終了日は未定
 京都  上映予定  京都みなみ会館
 〒601-8438 京都市南区西九条東比永城町78
 電話:075-661-3993
 兵庫  上映予定  神戸 元町映画館
 〒650-0022神戸市中央区元町通4丁目1-12
 電話:078-366-2636

中国

 広島  上映予定  横川シネマ
 〒733-0011 広島県広島市西区横川町3丁目1-12
 電話:082-231-1001

四国

 香川  11月25日(土)~  ホール・ソレイユ
 〒760-0050  香川県高松市亀井町10-10ソレイユ第1ビル
 電話:087-861-3366

九州・沖縄

 大分  11月25日(土)~  シネマ5
 〒870-0021  大分市府内町2丁目4-8
 電話:097-536-4512
 熊本  上映予定  Denkikan
 〒860-0803 熊本市中央区新市街8番2号
 電話:096-352-2121
 鹿児島  上映予定  ガーデンズシネマ
 〒892-0826 鹿児島市呉服町6-5マルヤガーデンズ7F
 電話:099-222-8746


予告動画